忍者ブログ
情報メモ

情報メモ

NINJA



×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


浜田ブリトニーが痩せましたが、数センチの差というものはけっこう違うものなのですね。


それを実感させられる変化と言うか。


やはり太っている時にはあまり女性らしくないような、男っぽさとか上品さがない感じもしていましたが、痩せてからは昔よりも女性らしくなったような、品が出てきたようにも思いました。



とくにウエストはブヨブヨお腹といなっている感じで、一般に言うだらしないとか言われるようなウエストでしたが、今はすっきり引き締まっています。


2ヵ月半で10キロマイナスなので、標準並みのスピードではありますね。



1ヶ月たった3キロだけやせていけばいい、そんなに無理して5キロとか10キロもやせなくていい。


ただリバウンドには気をつけろというのがダイエットだとは思いますが、やせてから体重を維持するのもなかなか難しいものでもあります。



無理して大幅に痩せて、それで安心してドカ食いするとだめだということですね。




PR

スポーツトレーナーの山本利幸さんが女性セブンで体調と姿勢について語った。


「冷え症や便秘など、整骨院に来る患者さんの症状はいろいろですが、多くの人に当てはまるのが、姿勢の悪さです。姿勢が悪くなると、血行不良や筋力の低下を起こし、体調不調の原因になるのです。正しい姿勢は、お尻を締めればつくれます。自然と背筋が伸びて、お腹の筋肉にも力がはいるはずです」


姿勢と言うのは意識してまっすぐにするものなのか、自然の姿勢がまっすぐなのかはわかりませんが、その時に姿勢を正しておくとか意識するのも大変なので、事前に姿勢を正すようにしていた方が良さそうですね。


姿勢の良いスポーツではバレエとか、フィギュアスケートなど、背筋を伸ばすスポーツであったり、上半身を使うゴルフなども比較的姿勢はいいですね。


スポーツ選手でも猫背になっている人も多いので、背筋を使うとか、伸ばすのがポイントでしょうか。



あとはなんでも立ち読みしたり、電車で立つ際に、どちらか片方の足に重心を置くのも骨盤が歪む原因にもなるのだそう。


あとは寝る時に姿勢も大事なようですね。

韓国女優もダイエット

韓国女優チョン・ソミンがダイエットで10kgの減量に成功していたことを明かした。

女優チョン・ソミンは、MBC FM4U「青い夜、ジョンヨプです」で話した。

噂で言われていることについて「最近、チョン・ソミンさんの特徴であったふっくらとした頬の肉はどこにと言われる。ダイエットしたのか」という質問に「10kg痩せた」。

「健康的に減量しようと、長い時間かかった。少し動いただけでは痩せない。食事療法と漢方医院での鍼治療という方法をとった。ヨガもした」



ダイエットで重視すべきことについては「綺麗になるということよりも、健康がはるかに重要だ」


「ドラマ『イタズラなKiss』の撮影時に10kg増えた。今は10kg落とし、42kgほどに戻った。芸能人はすごく大変な職業だ」


韓国ではアイドルはお菓子や肉など太りやすい食事は禁止され、レッスンも厳しく、細い体になることがほとんどとも言われます。


思えば韓国の芸能界ではあまり太った人はいないような、激太りもそこまでないような気もします。


女性はこうであるべきという考えもあり、女性は美しくあるべきという風潮もあるので、日本以上に体型や美には敏感かもしれませんね。


ワオコリア参考



よく体をやわらかくしたい、筋肉をやわらかくしたいという風に言われる方がいますが、実際のところ医療関係では筋肉の硬さ、柔らかさというのはそれほど重要視されていないようなので、あまり研究はされてはいないかなという感じでしょうかね。


あるとすれば肩の凝り、首や背中部分の筋肉の硬さなどを改善する医薬品は販売しているかなという感じです。


肩こりなどは精神的なストレスなども関係してくると言われますし、体が緊張状態になった場合には筋肉も硬くなると言われます。
 

薬局などにも肩こりや筋肉関連の商品は売っているのでそれらを利用されるのも良いかもしれませんね。
 

体の外から改善していく貼るタイプ、塗るタイプ。
 

体の中から改善していく飲むタイプがあります。


薬品の種類ではアリナミンEXプラス、ナボリン、アクテージなどがあります。



体をやわらかくする方法は?という疑問を持つ方は多いですが、お酢が良いとか、ストレッチが良いという意見がありますが、どれがいいのでしょう?


お酢を飲んで結果が出るわけではないと思いますが、しかし体にとっては良いもののようですが。
 

一方でストレッチとなると部分的な柔らかさは出るものの全身の柔らかさは出てはこない傾向にあります。


ストレッチは筋肉が伸びたのであってやわらかくなったとはまた違うのかもしれません。
 

反対にストレッチをすると余計に筋肉が硬くなってしまったという方もおられるので、個人差、体質の差はあるかなという印象です。
 

よく家畜など食肉でも○○のエサを与えて育てたので、やわらかい肉になったという話は聞きますので、やはり食べるものにポイントがある気もします。


状態を変えるのではなく、食べ物で筋肉の質を変える感覚で取り組むのが良い風でしょうか。


世の中では肩こりや体の硬さなどに関しては病気でもなく、治療面ではそれほど重要視されてないのが現状でしょうか。
 

医療という分野ではあまり聞きませんね。


カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 情報メモ All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]